ソフトウェア開発にスピードという価値を

GNUSのソフトウェア開発メソッドは、米国西海岸のスタートアップ企業であるGigsterの支援を受けて、日本市場向けにカスタマイズされたものです。スタートアップ界では主流になっているアジャイル開発やデザインシンキングをベースにしながらも、日本の大企業がそのメソッドを活用できるようなフレームワークを活用した開発サービスを提供します。
特に私たちがソフトウェア開発プロジェクトにおいて重視している価値を4つご紹介します。
Artboard 1 copy 25
実行できるアイデアに価値を置きます。

アイデアそのものではなく、実行されたアイデアに価値があると考えています。

Artboard 1 copy 26
質だけでなくスピードを大事にします。

スピーディーにソフトウェアを開発することで、ビジネス機会を逃さないだけでなく、早くユーザーの声を聞くことができます。

Artboard 1 copy 27
計画通りのものを作るのではなく、その時点でベストなものを作ります。

最初に立てた計画が必ずしも最適な答えとは限りません。私たちは常にプロジェクトをベストな方向に導きます。

Artboard 1 copy 28
ユーザーからの声を大切にします。

実際に使っているユーザーの反応を大切にします。ユーザーからのコメントやレビューだけでなく、ユーザーの使い方から本質的なインサイトを引き出します。

私たちのケイパビリティ

Gigsterのメソッドをベースに日本向けにカスタマイズしたメソッドでソフトウェアを開発します。

アジャイル開発に必要なプロジェクト管理メソッドに加えて、継続的なソフトウェアのアップデートを可能にする開発プラットフォームによって、効率的なソフトウェア開発と運用が可能になります。

GNUSとGigsterは協働して、日本における開発者、デザイナー、プロジェクトマネージャー、データサイエンティストのネットワークを構築しています。プロジェクトには、グローバルレベルの審査を通過したトップレベルのスタッフがアサインされます。

日本だけでなく海外でのサービス展開を考えている場合は、海外のスタッフも柔軟にアサインすることができます。