会社やサービスについて
Gigsterってどんな会社ですか?

Gigsterはアメリカ西海岸でスタートしたソフトウェア開発スタートアップ企業です。これまでに世界中のハイレベルエンジニアのネットワークを運用し、スタートアップから大企業まで様々なクライアントに対して多くのプロジェクトを提供してきました。詳しくはこちらから(http://www.gigster.com/)

他のフリーランスへの仕事紹介サービスとどのような違いがありますか?

私たちのネットワークは、多くのフリーランス向けの仕事斡旋サービスと異なって、3つのユニークなポイントがあります。1つ目は審査制であること。2つ目はフリーランスでチームを作って対応すること。3つ目は、常にGNUSのメンバーが一緒に仕事をすることです。これによって、高いレベルのチームメンバーと一緒に、安心しながらプロジェクトを進めることができます。

GNUSとGigsterの関係について教えて下さい。

GigsterはGNUSとの業務提携によって、GNUSネットワークのマネジメントを中心に業務の支援などを行っています。

GNUSとGigsterのネットワークは同一のネットワークですか?

GNUSネットワークとGigsterネットワークは別のネットワークですが、審査基準は同じになりますので、GNUSネットワークの審査に通過された方で、Gigsterネットワークに参加することを希望される方は、簡単にGigsterネットワークにも登録いただくことができます。

GNUSってどんな会社ですか?

2019年に設立された、イノベーションのコンサルティングとソフトウェアの開発サービスを提供する会社です。GNUSはGigsterと共同で、日本におけるフリーランスネットワーク、GNUSネットワークを運営しています。詳しくはこちら(http://gnus-inc.com/company/)

登録完了後オファーが来るまではどの程度の期間が掛かりますか

特にオファーが来るまでの期間は決まっていません。早い場合は、登録完了後数日でオファーが来ることもあります。

成果物のチェックはどのような体制で行いますか?

開発されたソフトウェアは、ネットワーク内でのコードレビューや外部での試験によってチェックされます。また納品前には外部機関によるテストやクライアントも含む受け入れテストを通じて品質保証が行われます。

登録について
審査はどういう基準で行いますか?

それぞれのポジション(役割)によって審査基準は異なってきますが、基本的には専門家としてのこれまでのキャリアやスキル、チームで働いていく上での適性などを見させていただいています。

オンライン面接は何分くらいでしょうか?

1回のオンライン面接の所要時間は15-30分程度を予定しています。

Gigsterネットワークの審査基準とGNUSネットワークの審査基準は異なりますか?

GNUSネットワーク/Gigsterネットワークでは基本的には同じ基準で審査を行っています。

審査に合格しなかった場合、提出した個人情報の管理はどのようにしていますか?

GNUS/Gigsterの定める「個人情報の取り扱いについて」「Privacy Policy」に基づいて適切に管理させていただきます。

審査に合格しなかった場合、再審査を受けるためには条件などありますか?

一度審査に通過できなかった方でも、再度審査を受けていただくことは可能です。

個人情報の管理はどのように行われていますか?

GNUS/Gigsterの定める「個人情報の取り扱いについて」「Privacy Policy」に基づいて適切に管理させていただきます。

Gigsterネットワークの審査基準はどのようなものですか?

GNUSネットワーク/Gigsterネットワークでは基本的には同じ基準で審査を行っています。

ネットワークに登録することでどんなメリットがありますか?

登録が完了すると、GNUSからプロジェクトのオファーが届きます。さらに希望される方はGigsterネットワークに登録してGigsterからのオファーを受けることも可能です。またプロジェクトのオファー以外にもコミュニティを通じて、フリーランスにとって有用な情報交換などが行われることがあります。

契約形態はGNUSとの業務委託契約になりますか?

登録時点では具合的な業務を委託するわけではないので、GNUSやGigsterとの間でプロフェッショナルサービス契約という基本契約を締結していただくことになります。プロジェクト開始後はGNUSとの間での業務委託契約になります。クライアントとの間に契約関係は発生しません。

プロジェクトについて
海外のプロジェクトは英語などができないと参加できませんか?

海外のプロジェクトの多くは英語でのコミュニケーションが必要になるものが多くなりますので、その場合は英語のコミュニケーションが必要になります。

プロジェクト報酬はどのくらいですか?

プロジェクトの負荷、難易度、ポジション(役割)によって報酬は異なります。これまでの実績では、1ヶ月に受け取る金額が100万円を超えるものもあります。

副業でジョインできるプロジェクトはどのようなものが多いでしょうか

プロジェクトによって、必要となる稼働時間が異なってきます。例えば週に10時間程度の稼働時間が必要なプロジェクトでしたら副業でも可能なことが多いと思います。皆さんの稼働可能な時間に合わせてプロジェクトを選択していただくことが出来ます。

プロジェクトにアサイン後、スキル不足が出てきてしまった場合はどうしたらよいでしょうか?

基本的に、プロジェクトに対して十分にスキルがあるメンバーをアサインするようにしています。しかし、万が一ミスマッチがあった場合は、事前に締結する契約に基づいて、メンバーが変更されることもあります。

GNUSネットワークに参加した場合、複数のプロジェクトを掛け持つことはありますか?

1人のフリーランスが同時に複数のプロジェクトに参加することはあり得ます。フリーランスの空き時間の状況を踏まえてプロジェクトのオファーを行っています。

GNUSへプロジェクト依頼をするクライアントはどのような企業が多いですか?

GNUSは電通が親会社であり、親会社とのリレーションをベースに日本に本社を置く大企業を中心に様々なクライアントとのコネクションがありますので、今後様々なクライアントからの依頼がある予定です。

作業時間の指定などはされますか?それとも作業完了スケジュールを守ればある程度自由に行えますか?

ミーティングに参加する必要がある場合を除いて、GNUSから作業時間の指定などは行いません。基本的には納品物の納期と品質を意識した作業をお願いすることになります。

プロジェクト開始後、クライアントと直接やり取りをすることはありますか?

ポジションによってはクライアントとの直接のコミュニケーションが必要になる場合があります。特にクライアントとのコミュニケーションが必要となるのは、プロダクトマネージャー、プロジェクトマネージャー、デザイナー、テックアーキテクトなどのポジションになります。その他のポジションはクライアントと直接やりとりをする機会はあまり多くありません。

どのようなプロジェクトが多いのでしょうか?

私たちが得意とするのは、大企業のデジタルトランスフォーメーションや新規事業に関するプロジェクトです。顧客向けのサービスやアプリの企画・開発から、従業員向けのソフトウェアなど、クライアントのビジネスにインパクトがあるソフトウェアの企画開発を得意としています。

プロジェクト期間はどのくらいのものが多いですか

プロジェクトによって異なりますが、1ヶ月程度のものから、1年のものもあります。

面接やキックオフなど、実際に顔を合わせなくてもプロジェクトに加わることは可能ですか?

プロジェクトやポジョンによっては最初から最後までリモートで作業をすることができる場合もあります。詳しくはプロジェクトの案内があったタイミングで担当者にご確認ください。

スキルアップできそうなプロジェクトにチャレンジすることはできますか?

アサインされるプロジェクトはどれも高い品質のアウトプットが要求されます。また他のフリーランスと一緒に働くことになりますので、プロジェクトに参加することによってみなさんがスキルアップしていくことは可能だと考えています。

プロジェクト完了後の保守サポートなどはどのように行いますか?

保守サポートについては、個別のプロジェクトとしてアサインされる場合があります。必ずしも開発に関わった人が全て保守サポートまでを行うとは限りません。

登録後のやり取りはどのようなツールを使用しますか?

ネットワークの審査に通過し、全ての手続きが終了した方には、Slackとポータルサイトを通じてプロジェクトの案内や様々な情報提供をさせていただきます。。

報酬の支払いは、納品からどれくらいで行われますか?

参加するプロジェクトによって異なります。具体的な支払い条件は、プロジェクトアサイン時に締結されるプロジェクト契約で規定されます。